« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

3月31日の狙い

阪神11R コーラルS
(14)アドバンスウェイ
前走は出遅れで度外視できるし
ギャラクシーSの好走時と同舞台で鞍上も魅力十分。

中山11R 船橋S
(2)ロードバロック
ここはベスト条件だし確実に差してくる。
好枠を引いたし前が詰まらなければ勝ち負けの期待大。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月25日の狙い

中山11R マーチS
(6)タガノロックオン

中京11R 高松宮記念
(10)カレンチャン

馬名だけですいません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月24日の狙い

阪神11R 毎日杯
(4)スピルバーグ
前走は度外視可能だし
力通りならまず勝ち負け。

中山11R 日経賞
(10)フェイトフルウォー
中山実績は十分だし
力的にも期待大。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月17日の狙い

阪神11R 阪神大賞典
(3)トウカイトリック
オルフェーブルが崩れるところは想定できないが
馬券的妙味はこの馬。
消耗戦になれば馬券圏内は十分。

中山11R スプリングS
(3)マイネルロブスト
戦績的にはここでも力上位だし
鞍上は何としても結果を出したいはず。
条件も良く勝ち負け期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月17日の狙い

阪神11R 若葉S
(10)メイショウカドマツ
前走はハナには立ったが
持ち味を生かせなかった。
ここは経験を生かして粘り込み期待。

中山11R フラワーC
(16)ターフデライト
ここ2走も重賞で展開ひとつの内容。
この馬向きの流れになれば勝ち負け十分。

中京10R 金山特別
(2)エリモアクアポリス
長期休養明けの前走は仕方のないところ。
力はあるし上積み十分で期待。

中京11R ファルコンS
(4)キングオブロー
芝のオープン実績はあるし
今の中京の馬場も合いそうで魅力十分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月11日の狙い

阪神9R 須磨特別
(9)ナンヨークイーン
前走はよく粘っているし
芝も実績はあり展開有利で期待。

阪神11R フィリーズレビュー
(7)ファインチョイス
前走はハナを切る形になったし距離もあったか。
2走前が負けて強しだったしここなら期待大。

阪神12R
(15)ツルマルスピリット
前走は内枠が仇となった感じ。
阪神は着外がないし外からスムーズなら。

中山9R 両国特別
(11)トウカイチャーム
鉄砲実績もあるし
条件的にもベストで期待。

中山11R 中山牝馬S
(2)アカンサス
昇級戦になるが
秋華賞でも4着の実績で引けは取らない。
インの好位から理想の競馬ができそうで勝ち負け十分。

中京9R
(11)トウカイソニック
長期休養からの叩き3走目で
そろそろ勝ち負けの期待十分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月10日の狙い

阪神9R ゆきやなぎ賞
(10)ジャングルクルーズ
前走は重賞で展開も向かなかった。
2走前の内容はいいし距離延長がいいほうに出れば。

阪神11R ポラリスS
(5)ヒラボクワイルド
前走はG1だったし詰まる不利。
同条件の3走前の内容が強く巻き返しの期待十分。

中山11R アネモネS
(1)タガノキャンドル
前走は外に出せず窮屈な競馬になったと言うし
ここは好枠を生かして先手を取れれば勝ち負け十分。

中京11R 伊勢特別
(8)マイネルプリマス
久々のダートになるが実績はあるし、
芝での甘さを補えそうで期待十分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月4日の狙い

中山11R 弥生賞
(14)サイレントサタデー
人気薄での逃げ切りで
まだ人気は上がらないが
底を見せていないしここも粘り込み期待。

中京11R 中日新聞杯
(2)マイネルスターリー
東京得意な馬で新装中京は合うはず。
勝ち負けする力は十分で展開ひとつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月3日の狙い

阪神10R 武庫川S
(16)マッシヴエンペラー
前走は距離も短かったし不利もあった。
ハンデ戦になるのもいいし外差しに期待。

阪神11R チューリップ賞
(5)ジョワドヴィーヴル
トライアルとは言え
ここはこの馬に完勝期待。
馬券的には見るレース。

中山9R 黄梅賞
(1)エネアド
内有利の馬場とコースだし
道悪が残っても問題なく確勝。

中山11R オーシャンS
(2)ワンカラット
前走は走りがおかしかったと言うし
54キロと立て直した効果に期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »